杉ウイメンズクリニック

スペース スペース

インフォメーション

祝!:初診患者16000人達成+開院10周年
2019/07/10(水) NEW
今年5月に開院10周年を迎え、一昨日、初診患者1万6千人を達成しました。これだけ沢山の患者さんを一人で診ると、色々と見えてくるのが実感です。数は力、数は正義です。その検査、治療が適切なのか、その研究が正しいのか、全て患者さんが教えてくれます。患者さんの教えで、当院の不育症、着床障害の診療は10年前に較べて飛躍的に進歩したと実感しています。
当院研究所は、国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 (AMED)の研究班に選ばれ、国から新しい不育症の診断、治療を開発せよという命を受け、国から研究費を頂き、抗第XII因子抗体と抗プロテインS抗体検査の開発に成功し、昨年と今年に論文を一流国際医学雑誌に発表しました。論文が一流国際医学雑誌に載るというのは、世界の一流の科学者4人がレフリーとして当院の論文を審査し、研究内容が適切であると認められたと言うことなので、当院の不育症、着床障害の診断、治療は世界最先端のお墨付きを頂き、次のステップに入りました。当院が開発した新しい検査、治療の普及には、ますます患者さんの教えと協力が必要です。世界最先端の診療に参加したい方の受診を心からお待ちしております。
スペース
スペース