杉ウイメンズクリニック

スペース スペース

インフォメーション

祝!:院長も共同研究者であるAMED(旧厚生労働省)不育症研究班の、日本における不育症のリスクファクターに関する研究発表が、国際学会に於いて、学会賞を受賞しました。
2019/11/17(日)
富山大、日本医科大、東大、神戸大、岡山大、兵庫医大と、当院の共同研究で行われた、日本における不育症のリスクファクターについての多施設研究のデータが、奈良で開催された国際生殖免疫学会で発表されました。院長は、座長を務めました。富山大の森田先生が、完璧な英語で発表され、見事、学会賞を獲得しました。このデータは、既に、当院の不育症診療に生かされています。
スペース
スペース