杉ウイメンズクリニック

スペース スペース

インフォメーション

朗報!:ついに、低用量アスピリンの妊娠28週以降の投与が産婦人科診療ガイドラインで認められました。
2020/05/17(日)
先月、「産婦人科診療ガイドライン2020」が出版されました。このガイドラインは、全ての産婦人科医が読んでいる最も重要なガイドラインです。ここに、低用量アスピリンは、妊娠28週以降は禁忌とされていますが、抗リン脂質抗体症候群の場合は妊娠36週まで、妊娠高血圧の予防の為なら分娩までアスピリンを投与しても良いと書かれています。やっと国際標準治療がガイドラインに載りました。我々、不育症専門医の進言が実を結んだ形です。以前、厚労省担当者に聞いた所、ガイドラインに載れば、低用量アスピリンの添付文書にある、「妊娠28週以降は禁忌」の項目を削除すると言う事だったので、期待しています。何れにしても、これで堂々とアスピリンを処方できますし、28週でアスピリン中止を指示する医師も減ると思います。
スペース
スペース